「ソーラーパネル ローン」について

ソーラーパネルをローンで購入

新築の購入を検討している人が、ソーラーパネルの設置も検討している場合、数千万円の高額な費用がかかってしまい、一括購入するのはほとんどの方が無理な状態です。そこで、ローンで購入するのを誰しも思いつくと思いますが、金利やローン年数を適切なプランを選ばないと、のちのち毎月の支払いで首を絞める思いをしてしまいます。

まず、ローンを組んだ方がいいのかで検討した場合、ローンプランにもよりますが、一括購入より3年程度回収に時間がかかってしまいます。そこで、ローンを組んでまでソーラーパネルの設置をしなくてもいいのではないかと考えがちですが、実際は設置した方がお得になります。なぜなら、ソーラーパネルを設置した場合、家を建てるのと同時に毎月の電気代という一種のローンの存在がなくなるからです。

電気代は電気を使い続ける限り続く終わりのないようなローンですが、太陽光発電のローンは10年程度で終わりを迎えるローンプランです。しかも、太陽光発電は余った電気を電力会社に売ることができ、利益を生み出すことができるので、ローンを組んだ方が現在の電気代の金額より安くなる可能性もあります。

ここで重要になってくるのが、金利を含めたローンプランです。もし、悪徳業者の言うがままにローン契約でソーラーパネルを購入した場合、知らずに金利の高いプランを選んでしまったら、せっかくの太陽光発電による自家発電の電気代で得をすることができなくなってしまいます。

大切なのは、自分の予算と月々の支払いを念頭に入れた無理のないローンプランを選ぶことです。以前は金利が高く、ローン年数も短いローンプランが存在しましたが、最近は最長15年の固定金利(年率2.85%)で組めるソーラーローンというプランも各銀行などで組めるようになりました。ソーラーローンは、住宅ローンより金利が高くなっていますが、リフォームプランなどよりは金利が安いので、既に住んでいる家をリフォーム感覚でソーラーパネルを取り付けるには、うってつけのプランだと思います。

ソーラーパネルは、電気の発電という担保があり、銀行側からしても貸し倒れリスクのないローンプランです。借りる私達としても、毎月確実にソーラーパネルが壊れない限り、電気を発電してくれるので、安心して一定金額のローン返済をすることができます。高額なソーラーパネルを無理なく購入して、太陽光発電ライフを楽しむためにも、しっかりとしたローンプランを検討することが大切だと言えます。