「ソーラーパネル 比較」について

ソーラーパネルのメーカー比較

ソーラーパネルを最終的に決断する際に、製品のクオリティを決めるメーカー選びは、ある意味もっとも重要な判断事項です。メーカーによって製品の長所と短所が異なってくるので、自分の住まいに適した製品のメーカーを見極めるのが、購入した後に満足する秘訣だと言えます。

ソーラーパネルのメーカー比較をする上で、ポイントになる点が3つ程あります。「発電効率」と「ソーラーパネルの購入単価」と「保証サービス」の3点が中でも重要なメーカー比較ポイントです。まず、年間の発電量に関わるソーラーパネルの発電効率が最重要と言えます。発電効率は、太陽の光エネルギーを浴びたソーラーパネルがどれだけ電気エネルギーに変換できるかを言い表した値です。一般的に、10〜19%の比率で太陽光を電気エネルギーに変換して、実際の電気として使用することができます。この変換効率が高ければ高いほど、年間の発電量が増えるので、導入後の電気代削減や売電による利益が見込めます。ただ、発電効率をチェックする際に見逃してはいけないのが、総合的な発電効率です。

一般的に、発電効率を表示している1kWという値は、快晴時の日差しなどのある特定の条件での電気変換効率なので、日差しが弱い時や雨天が続いた時の参考にならない場合があります。住んでいる地域の気候条件を参考にした上で、年間平均発電効率を言い表す1kWhの発電効率で製品を選ぶのがもっとも大切だと言えます。

二つ目に、購入時の予算に関わるソーラーパネルの購入単価が重要です。もちろん、1枚当たりの太陽電池の値段が安いかどうかで判断するのは必須ですが、1kWを発電するのに何枚必要かで単価を計算する方が重要です。簡単に言えば、1枚5万円の太陽電池は10枚置かないと1kW発電できない製品と1枚8万円の太陽電池は6枚で1kW発電できたとしたら、1枚8万円の太陽電池の方が2万円(5×10ー8×6)分安くなる計算になります。屋根が広く面積の多い物件だとたくさんの太陽電池を置いた方が、合計の発電量も増えるので、発電量に対するシステム価格の安いソーラーパネルを選ぶのが重要になります。

三つ目は、故障や不具合などに対応できる長期保証サービスを設けているかどうかが重要です。ソーラーパネルは10年20年と長期間使用することで、初期投資を回収できる発電システムです。もし途中で、ソーラーパネルの故障が出てきて交換しなければいけないのに、保証が適用されてなかったら、また高額な費用がかかってしまい本末転倒です。購入後の短期間での故障などのリスクを避けるためにも、長期保証を設けているメーカーを選ぶのが重要です。合わせて、ソーラーパネル以外の周辺機器にも長期保証を設けているメーカーを選ぶのが万全だと言えます。