「ソーラーパネル メリット」について

ソーラーパネル設置のメリット

ソーラーパネルを実際に設置する場合、多くのメリットが見込めます。まず、光熱費の削減が考えられます。ソーラーパネルの発電により、電力会社からの電気代を大幅に減らすことができます。日中はソーラーパネルの発電で必要な電気をまかなうことができるので、電気料金プランを見直すことによって、夜使う分の電気単価を10円以上安くすることもできます。また、最近話題のオール電化などと上手に組み合わすことができれば、ガス料金の分も光熱費が安くなるのが魅力です。さらに、太陽光発電は日中の余った電気を電力会社に売ることができるので、プランと状況次第では電気代がタダになるばかりか利益が出ることも見込めます。

第二のメリットは、災害時にも電気が使用できる点です。太陽光発電は、電力会社とは独立した自家発電システムなので、停電時に送電線から電気が送られてこなくても、日中に使用することができるのが強みです。災害時にはパニックにならず、正しい情報を収集するのが重要なので、停電時にテレビやパソコンを通して、最新のニュースが見れるのは太陽光発電の大きなメリットです。

第三のメリットは、環境に優しいクリーンな点です。太陽光発電は、太陽の光というほぼ無尽蔵のエネルギーを電気として利用することができ、二酸化炭素や放射能などを排出しないクリーンエネルギーです。ソーラーパネルを導入した一般家庭は、CO2削減効果から考えて年間600リットル以上の石油を削減している計算になります。石油などの化石燃料を使用した火力発電は、資源の枯渇に伴い電気代の高騰などの影響を受けてしまいますが、太陽光発電は資源がいらないので影響を受けることがありません。また、原子力発電所の事故もあり、太陽光発電はより見直されるようになっています。

他にも、断熱効果を見込めるというメリットがあります。ソーラーパネルが夏場の直射日光を遮断するので、家の温度を下げるのに役立ちます。また、冬場も外部への放熱を抑えるので、より暖かく過ごせることができます。その結果、エアコンの使用料も減るので、更なる電気代の節約に繋がります

それ以外にも、ソーラーパネルを取り付けることで節電の意識が芽生えるのも大きなメリットです。電気代を安くして売電を増やすために、今まで何気なく使用していたエアコンなどの電気の使用量を減らすように、一人ひとりが心がけるようになるので、無理のない省エネにも繋がります。