「ソーラーパネル 価格」について

ソーラーパネルの価格相場

ソーラーパネルを選ぶ際に、知っておきたいのがソーラーパネルの価格相場です。ソーラーパネルの製品クオリティや設置するソーラーパネルの量にバラつきが出てしまうので、普通に調べるだけでは相場がわかりにくいのが現状です。ここで重要になるのが、住宅環境と地域の自然環境を加味した相場です。

ソーラーパネルを設置する場合には、ソーラーパネルの設置量が発電量の多さを左右します。お住まいの住宅の屋根の形状によって、適しているソーラーパネルの材質やメーカーが異なってくるので、しっかり専門業者の人のアドバイスを聞きながら、なるべく多くのソーラーパネルを設置するのが、設置後に売電で利益を出すのに重要です。

最近の主流では、4kW(キロワット)以上のシステムを搭載するのが一般的なので、平均的な相場を計算する場合は、4kWでの合計金額を比較するのが価格相場を知るのに手っ取り早いと言えます。国内の大手メーカーの新品の平均相場は、1kW当たり45〜60万円くらいが平均なので、一般家庭でソーラーパネルを導入する場合は、200〜250万円くらいを見積もっておけば安心です。

また、新品の製品であれば、国などから補助金が適用されるので、選択した製品が補助金の適用範囲内かどうかを確認するのも重要です。1kW当たり55万円以下の製品でないと補助金の適用外になるので、高くてもソーラーパネル単体の価格は4kWで導入する場合、220万円以下で落ち着くはずです。もし、中古や外国のメーカーの商品を検討している場合、補助金の適用外になってしまうので、注意が必要です。

ソーラーパネルの価格を左右するのに、形成している材質も重要です。シリコンなどで形成されているソーラーパネルとシリコン以外の材質で形成している化合物被膜などの複数の材質があるので、自分の目的と予算に合わせて選択するのが大切です。ソーラーパネルの材質は、太陽光を電気エネルギーに変換するエネルギー効率が異なってくるので、総合的な発電量も大きく変わってきます。

自分の家の日照条件や地域の天候傾向を加味した上で、適切なソーラーパネルを選択するのが損をしない秘訣です。どの材質が優れているかは、コスト・変換効率・1年当たりの発電量などを考慮すると一概に言えない部分があるので、専門業者の方の意見を参考に判断するのが重要だと言えます。最終的には、ソーラーパネル以外の周辺機器を含めても4kWなら250万円前後になるので、400万円以上の見積もりを出してきた業者は要注意です。