「ソーラーパネル 蓄電」について

ソーラーパネルの蓄電

太陽光発電システムは、太陽の光という自然のエネルギーを石油やガスを使うことなく、電気に変えることができるクリーンなシステムです。しかも、日中に余った電気を電力会社に売って、夜間に足りない分だけ電力会社から電気を買う節約とエコを両立させた地球にも家計にも優しいシステムです。しかし、現状は弱点もあります。

それは一般的に家庭に普及している太陽光発電システムでは、日中の余った電気を蓄電して夜間に利用することができないのです。普段使っている分には、昼間の余った電気は売り電して夜間は足りない分を買い電しているので、、蓄電システムがなくても不自由することはありません。現状は蓄電システムがなくても、構造的には問題はありません。

もちろん、余った電気を蓄える蓄電システム自体はすでに存在しています。太陽光発電システムに蓄電装置を取り付けるようになれば、蓄電装置に容量の分だけ電力を蓄えることができ、夜間など自分の使いたい時にいつでも使えるようになります。この蓄電システムのメリットは、災害時の停電に強いという長所を持ちます。地震などの災害で停電になった場合は、送電線から電気が送られないので、家電製品が使用できなくなってしまいます。

日中の停電なら、ソーラーパネルさえ取り付けていれば、問題なく家電製品を使用することはできますが、夜間や雨天時の停電の場合にはそうはいきません。しかし、蓄電システムを取り付けていれば、充電した分の電気を任意のタイミングで使用できるので、緊急時の停電でも対応することができます。医療機器などの生命に関わる装置を家庭で使用している場合には、急な停電は生死に影響するので、蓄電システムは重宝する存在だと言えます。

とても便利な蓄電システムですが、現状家庭で導入するには多くの弊害があります。大容量のリチウム電池を使った蓄電池の値段が数百万円と高価なので、ソーラーパネルと同時に設置する場合には、莫大な出費となってしまいます。しかも、ソーラーパネルと蓄電システムを両方導入すると、売り電の売電が安くなってしまうデメリットもあるので、平常時のことを考えると不必要な存在になってしまっています。

ただ、大手国内メーカーがソーラーパネルと蓄電池を両立させた製品の開発を進めていますし、ベランダに置けて、持ち運びもできる小型の蓄電式ソーラーパネル製品も20万円くらいと安価で売り出されるようになったので、緊急な災害に強い蓄電式ソーラーパネル製品はもっと身近な存在になっていくでしょう。