「ソーラーパネル ベランダ」について

ソーラーパネルをベランダに設置

ソーラーパネルは大がかりな物が多いので、一軒家だったりこれから新築の家を建てる場合には、導入しやすいですが、マンションやアパートなどの集合住宅に住む人には不向きな状態です。しかし最近では、賃貸アパートやマンションにでも置くことができる小型のソーラーパネルが多く出回るようになりました。全身を見られる鏡くらいの大きさしかないコンパクトな製品も存在するので、お住まいのベランダのスペースに置くことも出来るようになってきました。

この小型ソーラーパネルは、小型ゆえの強みが多くあります。まず、大がかりな工事が要らないというメリットがあります。小型ソーラーパネルは、購入してすぐに使うことができるので、大がかりな太陽光発電システムと違い、時間と高額な費用のかかる工事が要りません。

次に費用が安いというメリットがあります。大がかりな太陽光発電システムは、数百万円の予算が必要ですが、小型ソーラーパネルは20万円前後で、購入してすぐに使うことができます。また、工事費がかからず、自分の気に入った場所に置くことができ、場合によっては動かせることができるのも魅力です。

第三にいつでも使用できるというメリットがあります。工事が必要な大型ソーラーパネルは、構造とコストの問題で、日中の余った電気を溜める蓄電システムは搭載しておりませんが、小型ソーラーパネルはソーラーパネルと蓄電システムが一体になっている物が多く存在するので、日の光のない夜間でも使用することができます。万が一、地震などの災害が起きて停電になってしまったとしても、小型ソーラーパネルなら夜間や雨天時でも蓄電した電気を普段と同じように使用することができます。また、一人暮らしで昼間に仕事などで出かけることが多い人にも、昼間にベランダに置いて蓄電した電気を夜に使うというスタイルが適していると言えます。

他にもコンパクトなので持ち運びができるという魅力があります。外でバーベキューをしたいという場合にも、小型ソーラーパネルを持ち運んで電源として使用できるという使い方もできるので、応用性がききます。

ただ、小型ソーラーパネルにも弱点は存在します。まず、エアコンなどの消費電力の大きいものに使用できない製品が多いという点です。また、電気カーペットや電気毛布などの一部の家電商品に使えない場合もあります。他にも蓄電量が少ない製品があるなど、製品によってバラつきがあるので、自分の利用方法と予算に合わせて、自分のライフスタイルと使用目的に適した小型ソーラーパネルを選ぶのがポイントです。